琉球台湾婦人会 顧問紹介 

琉球台湾婦人会顧問


アラルコン 朝子 最高顧問
( 在沖フィリピン総領事館総領事a.h. )

  琉球台湾婦人会は、川木アリス会長を筆頭に沖縄と台湾の絆を深めるために結成されたボランティア団体です。しかしながら現在では皆様もご存知のように会員の皆様の国籍は様々です。お陰様で皆様のご協力とご指導の下琉球台湾婦人会は数々の国際交流、芸能文化交流、模範母親の表彰、老人ホームへの慰問などのボランティア活動と様々な形で会員の皆様が活躍いたしております。

  私は最高顧問という形で本会の活動に関わって参りましたが、会員の皆様が真摯に世のため、人の為、明るく活動しておられます姿を見るにつけ、敬意を表し感謝と誇りに思う気持で心が満たされます。これもひとえにご参席の皆様の支えとご尽力のお陰だと思っております。

  本日は、日頃より暖かい眼差しで当会を支えていただいております皆様と会員の皆様と共に手に手を取り合い本日、ここに結成20周年を迎えることが出来ました事、嬉しく思います。そして模範女性として沖縄を中心に国際親善に力を注いでおられます方々を表彰させて頂けますことを、嬉しく、光栄に思います。これからも国際交流、芸能文化交流、ボランティア活動を通して心の平和、世界の平和と和合を取りながら会員一同精進して参ります。今後もご参席の皆様やご協賛いただきました各社の皆様のご指導ご鞭撻ご協力を宜しくお願い申しあげ皆様に感謝の気持をお伝えできれば嬉しく思います。25周年、30周年と心に残るを記念日を皆様と共に迎えたいと思います。本日は本当に有り難うございました。会員一同心より感謝いたします。謝謝

琉球台湾婦人会最高顧問      
アラルコン 朝子      




名城 政次郎 名誉顧問
( 沖縄県台湾会会長、学校法人尚学学園理事長 )

  琉球台湾婦人会創立20周年誠におめでとうございます。
  川木アリス会長を先頭に素晴らしい活動を続けてこられました。その業績は多くの人々から高く評価されています。毎年恒例の晩餐会にはおおよそ400名もの方々が出席し、親近感と風格を感じさせる雰囲気を醸し出しています。今年も例外ではありません。
また、前中華民国の馬英九大統領並びに現蔡英文大統領からの祝電が届いたことは、公的機関からも評価されていることを如実に物語っていると思います。
  琉球台湾婦人会は台湾と沖縄の架け橋として、国際交流活動を通して相互理解と深い絆を生み出すことに貢献しております。国際交流事業だけでなく、地元沖縄の地域においても社会を明るくするために活動しています。
  今年も模範となる女性が表彰されました。これはほんの一例であり、このような行事が社会を明るくすることに役立っていると確信しております。   会結成20周年を迎えられた琉球台湾婦人会の今までの素晴らしい業績に敬意を表すると共に、なお一層のご活躍を心から祈念致します。

琉球台湾婦人会名誉顧問      
名城 政次郎      




顧問
Walt Christiansen United Seamen's Service General Director
宮城 鷹夫 沖縄県南部連合文化協会名誉会長
與儀 清 国際琉球古武道上地流空手道與儀会館会長

上記顧問の方々をはじめ、皆さまの協力・支えにより、弊会は活動しております。